地元のバイク店は地域によって一定数存在し、買取りや整備など様々な事を行い、バイクユーザーの助けとなっています。

整備内容によってはガソリンスタンドの方が安価にやってくれる場合もありますが、ガソリンスタンドの整備はあくまでタイヤ交換やエアの補充、オイル交換など基本的なものだけです。

バイクの全体を見ての整備などは専門店でないとする事は出来ませんし、バイクを売る時や買い換えのタイミングなどで良い条件にバイクの売買をする事も出来ます。

バイクの整備のプロとしっかり話をしていく事も出来るようになりますので、地元のバイク店と交流をしていく事は大切なのです。

大手のバイクチェーン店と比較すると在庫数は少ないですし、ラインナップも少ないように見えますが、探しているバイクがある場合業者間の流通で探してもらう事は出来ます。

バイクの状態確認に関しては地元のバイク店の方が安心度は高くなりますので、安全の為にも地元のバイク店を活用する人も多いですね。

バイクの整備などする上でも話しやすい人間関係を成立しやすいので、便利な店なのです。

ヤマハなどメーカー専門店もありますので、好きなメーカーがある場合はメーカー特約店を探すのも良いですね。

ちなみにバイクのメーカー希望小売価格に関しては人気のあるバイクや新車はそのままの価格になりやすく、他と違い値引きは受けにくいですので注意が必要です。

バイクの仕入れ価格がありますので、あまりに価格を下げると経営が出来なくなってしまいますので、値は下げにくいのです。

購入の際値段交渉をする権利はありますが、あまりに無理な要望はしないようにしていきたいですね。