Author Archives: admin01

お店ごとのルールがあり、バイクは買い叩かれる

バイクの買取は店によって基準が違いますが、大手のバイクチェーン店では買取査定のルールを決めマニュアル化しています。

その結果バイクの買取査定に関して安定性が増すようになりましたが、バイクの買取価格は以前はあってないようなものでした。

実際にバイクの買取価格はそのバイクの状態によって異なりますし、年数や走行出来るかどうか、カスタムの有無や部品の消耗度、走行距離で異なります。

その結果、バイクによっては買い取る事が出来ないケースも出てきており、バイク店に利益があるかどうかではなく、どう安く買い取るかと対応する店もありました。

現在ではインターネットの発達に伴い、人口の多い地域のバイク店やチェーン店では悪い口コミが広がりやすい為、そういった行為はしないようになってきています。

バイクを買い叩かれた口コミなどを見ていくと、昔の口コミが多く、現在のバイク買取店は安定して買い取ってくれるようになっています。

ただバイクの価値を過剰に意識し、販売価格と買取り価格を同じと考え、店側の販売リスクや経費などを考慮しない人もおり、相場の買取り価格であるのに関わらず、安いと感じてします人もいるようです。

業者に完全にお任せしてしまい思考停止をする事は良い事ではありませんが、店側の事を考えすぎない事も良くない結果となります。

バイクを売る場合はその位の価格なら売る事に納得するか、販売の相場をみて考えておくのも良いかもしれません。

大手チェーン店と地元のバイク店を比較してみる

地元のバイク店は地域によって一定数存在し、買取りや整備など様々な事を行い、バイクユーザーの助けとなっています。

整備内容によってはガソリンスタンドの方が安価にやってくれる場合もありますが、ガソリンスタンドの整備はあくまでタイヤ交換やエアの補充、オイル交換など基本的なものだけです。

バイクの全体を見ての整備などは専門店でないとする事は出来ませんし、バイクを売る時や買い換えのタイミングなどで良い条件にバイクの売買をする事も出来ます。

バイクの整備のプロとしっかり話をしていく事も出来るようになりますので、地元のバイク店と交流をしていく事は大切なのです。

大手のバイクチェーン店と比較すると在庫数は少ないですし、ラインナップも少ないように見えますが、探しているバイクがある場合業者間の流通で探してもらう事は出来ます。

バイクの状態確認に関しては地元のバイク店の方が安心度は高くなりますので、安全の為にも地元のバイク店を活用する人も多いですね。

バイクの整備などする上でも話しやすい人間関係を成立しやすいので、便利な店なのです。

ヤマハなどメーカー専門店もありますので、好きなメーカーがある場合はメーカー特約店を探すのも良いですね。

ちなみにバイクのメーカー希望小売価格に関しては人気のあるバイクや新車はそのままの価格になりやすく、他と違い値引きは受けにくいですので注意が必要です。

バイクの仕入れ価格がありますので、あまりに価格を下げると経営が出来なくなってしまいますので、値は下げにくいのです。

購入の際値段交渉をする権利はありますが、あまりに無理な要望はしないようにしていきたいですね。

バイクの燃費と燃費性能について

これまではバイク買取りを中心的に紹介していきましたが、バイクについて改めて基本的なことをご紹介します。

バイクは燃費も良い為、日常の足として性能が良い乗り物ですが、状態によって燃費性能は大きく変化します。

例えばタイヤの空気圧ですが適正な圧がなければ燃費性能は低下しますし、ブレーキ性能も低下してしまいます。

またバイクの性能はメンテンスの有無でも大きく変化し、整備していないバイクは総合的な性能の低下を起こします。

整備が不十分なバイクは性能が低下するだけではなく、周囲の人への安全への配慮も不十分になりかねません。

バイクをしっかり保持する事は所有者の責任とも言って良いでしょう。

飲酒運転などは問題外ですが、バイクや自動車の事故などは人間のミスにより発生しますし、整備有無もその人の責任となります。

燃費性能を上げ維持していく事で節約にもなりますので、バイクの性能向上はしていくべきでしょう。

またバイクの走行マナーも地域によって特徴がありますが、車間をすり抜けたり交通マナーが悪い人もいます。

ただ道路は何があるかわかりませんし、歩行者も信号なない道路を横切る人もいます。

子供の事故も多いものですが、高齢者も交通量を見て大丈夫かと思い走って道路を渡るパターンもあります。

バイクで対人の事故を起こした場合、余程の事なければバイク走行車側の責任が重くなりますので、十二分に注意はしていくべきなのです。

一度事故を起こしてしまうと、事故補償など莫大な額になりますので、保険も任意保険の良いものを準備しておきましょう。

事故自体発生しにくいものですが、保管は万が一の安心を保障するものなのです。