バイクの買取は店によって基準が違いますが、大手のバイクチェーン店では買取査定のルールを決めマニュアル化しています。

その結果バイクの買取査定に関して安定性が増すようになりましたが、バイクの買取価格は以前はあってないようなものでした。

実際にバイクの買取価格はそのバイクの状態によって異なりますし、年数や走行出来るかどうか、カスタムの有無や部品の消耗度、走行距離で異なります。

その結果、バイクによっては買い取る事が出来ないケースも出てきており、バイク店に利益があるかどうかではなく、どう安く買い取るかと対応する店もありました。

現在ではインターネットの発達に伴い、人口の多い地域のバイク店やチェーン店では悪い口コミが広がりやすい為、そういった行為はしないようになってきています。

バイクを買い叩かれた口コミなどを見ていくと、昔の口コミが多く、現在のバイク買取店は安定して買い取ってくれるようになっています。

ただバイクの価値を過剰に意識し、販売価格と買取り価格を同じと考え、店側の販売リスクや経費などを考慮しない人もおり、相場の買取り価格であるのに関わらず、安いと感じてします人もいるようです。

業者に完全にお任せしてしまい思考停止をする事は良い事ではありませんが、店側の事を考えすぎない事も良くない結果となります。

バイクを売る場合はその位の価格なら売る事に納得するか、販売の相場をみて考えておくのも良いかもしれません。