葬儀費用のもめ事は千葉でもよくあることですが、ネット上での格差はほとんど確認できません。

それよりも気をつけるべきことがあります。

■ネットの時代に“千葉だけが高い”という格差は生まれない。

インターネットのなかった時代は、千葉や東京、大阪などでも葬儀費用の格差がありましたが、現在ではサイト上で全国一律に比較できるようになりました。

全国の葬儀費用やサービスがガラス張りになっているため、地域ごとの格差はほとんどなくなりました。

“全国均一化”が普通になっています。

千葉の葬儀会社だけが他のエリアより高いということはありません。

■ネット上の葬儀費用は均一でも“実際には異なる例”がある。

たとえばネットで千葉エリアと東京エリアを検索してみると、一般葬儀から家族葬・1日葬、火葬式まで、費用に格段の違いはないことがわかります。

簡単に比較できるので、試しにやってみてください。

気をつけるべきは葬儀費用の高低ではなく、見積もりのあり方と実際に用意された祭壇・棺などのレベルです。

とくに一班葬や団体葬など規模が大きくなるほど不透明になり、葬儀社目線でいえば、“利益が増える”ことになります。

■葬儀社も商売なので、サイト上では明らかになっていないどこかで利益を上乗せする必要があります。

ビジネスとして利益を上げることは常識的なことであり、決して違法ではありません。

問題は、「見積もりの時点で説明があった内容と実際に差異はないか」です。

葬儀が始まってから違いに気づき、後からトラブルになるケースがあるので気をつけましょう。

千葉の葬儀会社は、他の地域の会社より費用が高いと聞きましたが? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.