また、バイクの状態や洗車をすることはもちろん大切ですが、バイクの買取を利用するには揃えておかなければいけない書類があります。

まず、すべてのバイクで必要となる書類は、本人確認書類、印鑑です。

本人確認書類は、免許所や健康保険証、パスポートでOKです。

本人確認書類と印鑑以外は、バイクの種類によって準備する書類は異なります。

125cc以下の場合は標識交付証明書、126~250ccの場合は軽自動車届済証、250cc以上の場合は自動車検査証が必要となります。

バイク買取を利用するのに最低限必要になる書類は以上です。

ただ、バイク購入時にバイクショップからもらった書類や、過去の整備状況を記録している書類、自賠責保険納入証明書などがあれば、査定が有利になります。

バイクを改造している場合は、取り外した純正パーツなどがあれば準備しておくと良いでしょう。

また、バイク所有者が未成年の場合はバイク買取を利用することができますが、同意書と親権者の本人確認書類のコピーが必要となり、

それらがなければ買い取ってもらうことはできません。

なお、バイク買取時には、バイク買取店より親権者に確認の電話が入ります。

また、バイクの所有者と名義人が同一人物でない場合名義人の委任状と名義人の本人確認書類のコピーが必要となります。

同意書は委任状は、バイク買取店独自のものを利用するため、あなたが未成年の場合、もしくはあなたと名義人が異なる場合には、早めにバイク買取店に連絡をし、必要書類を取り寄せておきましょう。