千葉に限らず、葬儀社選び・会館選びには、それなりの手順というものがあります。

遺族側がすべき準備、葬儀社に託すべき事柄を知っておきましぃう。

■基本的な要望は遺族側があらかじめ出しておく。

千葉の葬儀会館を決める前に、遺族側の準備としてやっておくことがあります。

それは、①葬儀の規模を割り出す、②葬儀費用(予算)を決める、③葬儀会館の最寄り駅を決める、④だいたいの葬儀日程を決める、この4点です。

それが決まったら、サイトのホームページや一覧表などを検索して、コレと思うところをピックアップしましょう。

最終的に3つほどに絞り、葬儀業者を呼んで打ち合わせします。

■設備や仕様以上に大事な“人の対応力・やさしさ”。

葬儀場を選ぶポイントは、上記の①~④に当てはまることを前提に、「親族控室」や「ご遺体の安置場所」、「会葬者を受け入れる会場スタッフのサービス」が、完璧であるかどうかです。

どんなに、目星を付けた千葉の会館が立派でも、最後に満足度を高めてくれるのはスタッフの応対です。

打ち合わせに来た担当者の様子から葬儀社の良し悪しがだいたいわかります。

■一事が万事と言いますが、葬儀社にも社風というものがあり、営業担当者はそれを体現した代表者。

打ち合わせの様子から判断しましょう。

こちら(遺族側)の話を真剣に聞いてくれない、話を遮って自社のおすすめを提示する、頼んでもいないのに違うエリアの会館を提案してくるといった行為は、明らかに葬儀社の都合を押しつけてきています。

そういうところでは、ホール担当者の対応も粗雑で、後味の悪い葬儀となりがちです。

千葉で葬儀をしますが、葬儀場選びのポイントはありますか? はコメントを受け付けていません。

Comments are closed.